瀬戸内 完全天日塩

太陽と風がつくる
豊島の海を
丸ごととじ込めた塩

 

かつて塩の一大産地だった瀬戸内地方。
空気が乾燥していて降雨量が少なく温暖な気候が塩作りに適していたため、海辺にはたくさんの塩田がありました。しかし時代の流れとともに今ではそのほとんどが姿を消しました。

そんな瀬戸内海に浮かぶ小さな島、豊島(てしま)で塩作りをはじめました。
豊島の豊かな海水を汲み上げ、火入れを一切せず太陽と風の力だけでじっくり時間をかけてつくる天日塩は、海水中に80種類以上あるといわれるミネラル成分を丸ごととじ込めた、ただしょっぱいだけでなく甘みや苦みがバランス良く感じられるまろやかな味に仕上がります。

太陽と風が作り上げた海の結晶をぜひ一度味わってみて下さい。

製塩施設のある神子ヶ浜(みこがはま)は豊島の中でも特に海水のきれいな浜で、 環境省が定める水質汚濁に係る環境基準、人の健康の保護に関する環境基準27項目を全てクリアしています。

商品

.jpg

太陽と風がつくる豊島の海を丸ごととじ込めた塩

細粒 100g 540円(税込)

.jpg

 太陽と風がつくる豊島の海を丸ごととじ込めた塩

粗粒 100g 540円(税込)

お問い合わせ・ご注文

portrait_4859

「てしま天日塩ファーム」

住所:香川県小豆郡土庄町豊島家浦3454-12

電話:0879-62- 8822

塩守:門脇湖

Facebook

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar